2004年06月12日

ヴードゥー教

Voodoo

 ハイチを本拠地とする宗教。
 元来、ヴードゥーとは「精霊」を意味する言葉で、自然の精霊や祖先の霊を崇拝する宗教であった。これが、カリブ海周辺に持ち込まれて次第に変容し、邪悪なヴードゥー教が誕生した。
 白人に対抗するために魔術的要素を強めてゆき、キリスト教の影響から黒ミサのテクニックも取り入れていく。更には、イスラム教の影響なども受けるようになる。

[参照作品]
クトゥルーの呼び声
posted by りじちょー at 19:26| Comment(0) | TrackBack(1) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ルグラース, ジョン・レイモンド
Excerpt: John Raymond Legrasse [人名]  ニューオリンズ警察の警視正。  1908年にセントルイスで開かれたアメリカ考古学協会の年次総会で、クトゥルーを象ったと思われる小さな石像を披露し..
Weblog: クトゥルー神話辞典
Tracked: 2004-07-13 00:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。