2004年06月12日

ウェイトリイ, ラヴィニア

Lavinia Whateley
[人名]
 身体にやや障害がある、白化症の女性。
 父親である老ウェイトリイによって、太古の伝承を教え込まれる。
 12歳のときに母親が不可解な変死をとげる。
 1913年2月2日(日)午前5時、35歳の時、双子を出産。1人はウィルバーと名づけられる。
 1926年の万聖節以降、姿を現さなくなった。

[参照作品]
ダンウィッチの怪
posted by りじちょー at 19:27| Comment(0) | TrackBack(2) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ウェイトリイ, ウィルバー
Excerpt: Wilbur Whateley [人名]  1913年2月2日(日)午前5時、ダンウィッチで、ラヴィニア・ウェイトリイが産んだ双子の片割れ。  幼少の頃から知能、体格の両面で異常な発達を見せる。7ヶ月..
Weblog: クトゥルー神話辞典
Tracked: 2004-06-13 14:35

ヨグ=ソトホース
Excerpt: Yog=Sothoth [旧支配者]  門の鍵にして支配者。  過去、現在、未来はヨグ=ソトホースの内に一つである。  人間との間に子供をもうけることがあり、1913年にダンウィッチにて、ラヴィニア・..
Weblog: クトゥルー神話辞典
Tracked: 2004-07-09 01:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。