2004年06月13日

エインジェル, ジョージ・ギャマル

George Gammell Angell
[人名]
 ブラウン大学にセム語講座を持つ名誉教授。
 古代碑文字の権威として、その名を広く世間に知られる。
 ヘンリー・アンソニー・ウィルコックス青年の作り上げた粘土版を目にした事からクトゥルー信仰の存在に気づき、膨大な調査を始める。
 エインジェル教授は、ウィルコックス青年の訪問を溯る事17年前(1908年)のアメリカ考古学会の大会でクトゥルーを象ったと思われる石像を目にしている。

『クトゥルー教団』と題する草稿を残していたが、1926年の冬に不可解な死を遂げた。享年92歳。

[参照作品]
クトゥルーの呼び声
posted by りじちょー at 06:07| Comment(0) | TrackBack(2) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ウィルコックス, ヘンリー・アンソニー
Excerpt: Henry Anthony Wilcox [人名]  プロヴィデンス在住の青年彫刻家。同地方の名家の末子として生まれる。  1925年 2月28日にニューイングランドで起こった地震の最中、悪夢を見て、..
Weblog: クトゥルー神話辞典
Tracked: 2004-06-17 23:48

ヨハンセン, グスタフ
Excerpt: Gustaf Johansen [人名]  ノルウェー人。エンマ号の二等航海士。  1925年 3月22日、エンマ号が南太平洋上でアラート号の攻撃を受け、沈没、船長が死亡した後、生き残った船員を指揮し..
Weblog: クトゥルー神話辞典
Tracked: 2004-07-09 07:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。