2004年06月20日

クトゥルー・オペラ

[著者]風見 潤

 → 【書籍】クトゥルー・オペラ

 全宇宙を魔王アザトートの思念が駆け巡った。

「その星を、いま一度、この手に」

 それに呼応して、宇宙のさまざまな場所で、邪悪なものが蠢きはじめた。遠い昔、善神との戦いに破れて封印されていた邪神たちが目覚め始めたのだった。

 1997年、邪神の目覚めと共に、地球では不気味な事件が相次いで起こっていた。
 邪神を迎え撃つのは、世界各地に散らばった7組の双子のエスパー少年、少女。彼らは、地球を救えるのか!?


 クトゥルー神話をスペース・オペラ風に仕上げてしまった作品。
 ラヴクラフト風というより、思いっきり、ダーレス流の作品である。
 初版が昭和55年(!)となっているので、今から見ると、出てくる科学兵器などは、ちゃちに見えなくもないが、主人公である少年、少女たちが、自らの限られた超能力を駆使して邪神に戦いを挑む部分は、面白く読める。
 物語の最後では、世界各地の神話の中の神々(あくまでも、この作品の中のね)の正体も明らかになるのだ。
posted by りじちょー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 神話作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

クトゥルー神話
Excerpt:  クトゥルー神話とは、20世紀最大の恐怖作家と呼ばれるH・P・ラヴクラフトの創作した小説を母体とする、一連の恐怖小説の事を指します。  創始者ラヴクラフトはアメリカ、ロードアイランド州プロヴィデンスに..
Weblog: クトゥルー神話辞典
Tracked: 2004-07-21 07:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。