2004年08月04日

白屋敷

 第二次大戦中、六甲山の麓に建っていた破風と塔の目立つ西洋館。
 白系ロシア人「ニコライ」が住んでいる。

 ロマネスク様式の基部構造にゴシック様式の塔が建っている奇態な様式をしている。

 戦時中、空襲の際、屋敷の中で翼の生えた棘皮動物のような奇妙な生物が目撃される。

[参照作品]
おどり喰い
posted by りじちょー at 00:39| Comment(0) | TrackBack(1) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407029

この記事へのトラックバック

ニコライ
Excerpt: [人名]  白系ロシア人。  昭和20年当時、戦時中の神戸にあった「白屋敷」と呼ばれる建物に住んでいた。  大兵肥満の上に、立派な顎鬚を蓄えている。  革命ロシアから北海道に亡命し、しばらくの間、..
Weblog: クトゥルー神話辞典
Tracked: 2004-08-04 00:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。